徒然月記
El cuento de un conejo y un príncipe――SF世界になんとなく足を踏み入れた、兎と王子とその他の物語。

SFな世界での再会、ふたたび



兎「…何か、いいものでたかな?」

最後の大箱(?)を割るときは、何時もどきどきする兎ちゃんでした。
想いたって、所謂ぼっチームをつくってみたり。
せっせとポイントをためて、チームルームレンタルしたり。
色々としていたある日、嬉しい再会がありました。


大航海時代でご一緒していた方が、こちらに参戦してくださったのです。
その方も、事情であちらは離れられて久しく…
でしたので、とても嬉しい再会でした。


お兄ちゃんで、緊急クエストにご一緒したり。


一緒に、タイムアタックに挑戦したり。


出かけたクエストで、アンブラ様に殴られたりとかもあります(遠)

未だにゲームシステムに慣れていない私と違い。
既に色々とご存じなご様子。
実は、過去に別shipにPCさんを作られたことがあったそうです。
つまり、復帰された、ということになるのでしょうか。

まだまだ、よくわかっておりませんので。
色々と、教えて貰う日々です(汗)