徒然月記
El cuento de un conejo y un príncipe――SF世界になんとなく足を踏み入れた、兎と王子とその他の物語。

(ほぼ?)ぼっチーム、はじめました



兎「やっと、チームルームもらえたわ…みんなのおかげねー」

ちょっとした気まぐれで、8月の末にチームを立てました。
マスター以外はマネージャーという、ある意味身内チームです。
それぞれの活動時間などの関係で、ほぼ「ぼっチーム」になる模様ですが(汗)

それでも、メンバーさんがチームオーダーなどこなしてくださったおかげで。
チームポイントも少しづつたまり。
この度、めでたくチームルーム入手、と、相成りました。


初期チームルームは小型宇宙船(?)って設定みたいですね。
大きい窓から、後部エンジンが見えたりしています。
大きなオラクル船団にひっついて、移動しているのでしょうか。


真ん中(?)に植えられた、小さいフォトンツリー。
成長させるには、それなりにフォトンが必要なようです。
ポイントが溜まったら、少しづつ成長させていくのもいいかもしれません。
今はまだ、苗木というかそんな感じです。

 
で、初期ルームも、それなりにSFの雰囲気でいいのですが。
せっかくなので、拠点を変更してみることにしました。


記念すべき(?)最初の拠点は「温泉拠点」です。
これって、チームルームの宇宙船が、何処かに着陸した形になるんですね。
どうして温泉かというのは…ただの趣味です(何)


一番高い場所から俯瞰したら、こんな感じ…
エンジン部分の小さい建物は脱衣場で、男女別になっていました。
結構、設定が細かいです。


足湯もあります。
冷えに寄る足のむくみも、解消できるでしょう。


お湯に浸かってぼーっとするのも良いものです。
「極楽は温泉にしかない」と嘆かれて久しい今日この頃。
一方で温度の高いものは「地獄」と言われたりもして、表裏一体ですね。