徒然月記
El cuento de un conejo y un príncipe――SF世界になんとなく足を踏み入れた、兎と王子とその他の物語。

今月も、ひっそり参加して参りました



ラウル君「…さてと、開催ブロックはどこだったかな?」

共通シップのお陰で、週末は何らかの集会が開かれています。
そんなわけで、また、色々参加してまいりました。



年明け最初にお邪魔したのが「褐色の集い」です。
隅っこに、ラウル君で参加してみました。
時間の都合で、長く滞在はできなかったのですが…。
既に何度も開催されている集会ですので。
割と、常連の方が多いような印象を受けました。


次にお邪魔したのが「キャス子集会」です。
こちらも、時間の都合であまり長居できなかったのですが…
以前と同じく。様々なキャストのお嬢さんを拝見できました。
様々にパーツを組み合わせての造形は参考になります…。
(とはいえ、私は結局、同シリーズ使いで落ち着くのですが)


せっかくですので。
チャレンジロビーにいる、イナンナさんと記念撮影してみました。
一応彼女も、キャス子こと、女性キャストさんですね。


そして、第2土曜日。
まず、向かったのは「ハイ・ファンタジー集会」です。
こちらはお兄ちゃんで参加しました。
事情で、最初の一時間ほどでしたが、中々興味深いものでした。


主催者様のポリシー(?)で。
役職(お姫様とか、旅人とかそんなの)を名乗るのがお約束。
フリーメッセージに書き込みましょうと言われ…。
散々悩んだ挙句、苦し紛れに「遍歴の騎士」なる役職をつけてみました。
後から思うに「の」はいらなかったなあとか…。
(実はこの役職。
 「還暦の騎士」と読まれて、個人的にウケてしまいました(笑)
 フレンドさんも、そんな風に読み違えたそうです(笑)
 それほどポピュラーでない単語だからなんでしょうね)

私が退席後、集まって記念撮影などあったようです。
タイミングが合えば、ちゃんとラストまで参加したいと感じる集会でした。


共通シップを辞したのち、向かったのは「褐色会」です。
何時もの通り希少種君での参加です。


褐色会の皆さまと、マザー戦へ出かけました。
希少種君、余り上手にWB撃てなかったような気がします…。
(プレイヤースキルのなさが切なくなる瞬間です)


そして、最後の集合写真。

褐色ニューマンの希少種君誕生が一昨年の9月。
会の存在を知ったのが、その年の年末。
そして、初めてお邪魔したのが昨年の1月。
…時が経つのは早いものですね。