徒然月記
El cuento de un conejo y un príncipe――SF世界になんとなく足を踏み入れた、兎と王子とその他の物語。

色々と試してみています



兎「うーん、いいなあ、このベッド。天蓋つきでロマンチックだし」
部屋主のおねいさん「自分のお部屋を持てば、こういう家具もおけるんですよ」

他人の迷惑顧みず、ひとんちで寛ぐ兎ちゃんです(何)

毎日、なんとなくINしては、あちこちに出かけている兎ちゃん。
初期状態のお洋服のままでしたけれど。
ついつい、ウェブマネーを投入してしまい(滅)
スクラッチで、新しい衣装を入手しました。


結果、こんな感じに。
白兎から黒兎にクラスチェンジです(何)



ついでに、自分のお部屋もGETしてしまいました。
山ほど拾えるアイテムを、増えた倉庫に突っ込めるのもありがたいです。
また、ダンスモーションなんかも入手。
BGMのリズムに、なんとなくあっているダンスですので。
人気のない場所で踊ってみたり、しています。



また、ストーリーも、少しづつ進めて行っています。
行く先々で、イベント(?)を見たりとか。
マターボードのマスを埋めていったりとか。

まだまだ、お話が始まったばかりだからなのでしょうが。
ストーリーの中身を掴みかねています。
ただ、色々謎を含んでいるということだけはわかりました。